【塗らない日焼け止め!】飲む日焼け止めで簡単ケア!

最近話題の飲む日焼け止めのご紹介です。飲む日焼け止めのメリット・デメリット。また安全性などを解説しています。けっこうめんどくさい日焼け止め!あなたは1日に何度くらい日焼け止めを塗り直しますか?そんなライフスタイルからサヨナラしませんか!
MENU

飲む日焼け止めが必要な理由

SPF

 

飲む日焼け止めが必要な理由は「塗る日焼け止め」だけではお肌の安全を確保できにくいからです。

 

英マンチェスター大学とロンドン癌(がん)研究協会の研究チームが発表した論文ではSPF50 の日焼け止めを塗っても紫外線を完全には防止できないことが判明しました。

 

また紫外線に当たり過ぎると、複数の遺伝子に異常をきたしたり、癌細胞が発生を促進する。

 

日焼けは歯や骨の形成に必要なビタミンDが合成されるのである意味必要ではあるのですが、日焼けは、皮膚がん以外にもシミやシワといったお肌トラブルを誘発する原因にもなるのです。

 

SPFとPAについて

SPF

 

塗る日焼け止めを購入する場合SPFとPAを確認して購入されていると思います。しかしその意味を理解できていますか?

 

SPA・・・(Sun Protection Factor)サンプロテクションファクターの略でUV-B(主に紫外線B波)の防止効果を表す目安の数値です。

 

SPAは紫外線が当りだしてからお肌が赤くなり炎症を起こしてしまう。つまり日焼けしてしまうまでの時間をどれくらい遅らせることが出来るかを示しています。

 

何事においても個人差というものがあります。
SPFに於いても同じで例えば、SPF50を例にすると、

 

SPF

日焼けしやすい人・・・紫外線を当たり10分で肌が赤くなる人の場合、

10分×SPF50=500分(8時間20分)つまり日焼けまでの時間を(8時間20分)遅らせることが出来る

 

 

SPF

日焼けしにくい人・・・紫外線を当たり20分で肌が赤くなる人の場合、
20分×SPF50=1000分(16時間40分)つまり日焼けまでの時間を(16時間40分)遅らせることが出来る

ということになります。※あくまで目安です

 

「飲む日焼け止めは」海外で一般的な日焼け止めとして販売されていましたが日本でも2016年頃に解禁され人気が出るようになりました。

 

海外での紫外線量は日本と比べてハワイで3〜6倍、オーストラリアで6〜8倍だそうです。とても塗る日焼け止めだけでは対応できませよね。

飲む日焼け止めの効果って実際どうなの?

サプリ

基本的な飲む日焼け止めの効果はというと、

  • メラニンの抑制を助けます。そもそもシミの原因であるメラニンは紫外線の影響で生成されます。
  • 飲む日焼け止めにはシワやくすみを抑制する抗酸化成分やが含まれています。
  • 紫外線を浴びることで発生する活性酸素を抑え、日焼けによる肌へのダメージを軽減するニュートロックスサンという成分が含まれています。

ただし、より強力に日焼け対策したいのなら、塗る日焼け止めと併用するほうが安心ですよね。

 

日焼け止めの塗り方って知ってますか?

基本に戻って、そもそもあなたは日焼け止めの塗り方を知っていますか?

 

日焼け止めは乳液や化粧水を塗った後に日焼け止めをお肌の上に置く、即ち重ねるということです。塗るというイメージではないのです。

 

最近の女子のプロゴルフをご覧になったことはあるでしょうか?観客動員数も年々過去最高を更新しています。そんな彼女たちですが、日焼け止めは必須です。

 

もちろん真っ黒な方もいるのですが、お肌のことを考えている方は日焼け止めを使用しています。そのお顔はまさに歌舞伎顔(笑)

 

真っ白なんですよね。メイクの基本は顔からデコルテにかけて色を統一するのが基本です。でも強い日差しの元では無理っぽいですよね。

 

塗る日焼け止めの使用方法は肌に塗るのではなくて、「日焼け止めを肌に乗せる」事が重要なんですね。SPFが最大のものを使ってるんですが、基本的にはジェルタイプのものを使っています。

 

ジェルタイプのものは基本的に真っ白にならない代わりに効果が薄いんですよね。

 

だから「塗る日焼け止め」だけでは不安なのと化粧なおしがなかなか頻繁にできないので「飲む日焼け止め」を併用しています。個人的な感想ですが、今までの「塗る日焼け止め」だけの年よりは明らかに日焼けはしていないですよね。

 

また「飲む日焼け止め」は「塗る日焼け止め」を使用できないシチュエーションには助かりますよね。例えばプールの授業がある場合なんか!

 

日焼け止め使用禁止の学校もたくさんあるので、そう考えるともっと早く解禁してよ!なんて思っちゃいます。

 

さて、その「飲む日焼け止め」なんですが、2016年より日本でも解禁されました。海外では常識である「飲む日焼け止め」ですが、欧米では紫外線が日本より強いのにもかかわらず、また紫外線に弱い体質なのに欧米人はあまり日焼け止めを塗りません。

 

そのかわり他の美容サプリと同じくらい「飲む日焼け止め」が浸透しています。

 

そこで、まだ「飲む日焼け止め」について知らない、というあなたのために「飲む日焼け止めのメリット・デメリット」をお伝えさせていただきたいと思います。

 

「飲む日焼け止め」のメリット・デメリット

まず飲む日焼け止めのメリットは、

 

  • 「(飲む日焼け止めは体内にとりこむ事で体全体に効くので)目から入る紫外線もカットできる」
  • 「汗で落ちたりしないので、プールや海でも安心できる」
  • 「背中などの自分では届きにくい部分にも飲むだけで紫外線対策ができる」ことです。

 

 

一方飲む日焼け止めのデメリットは、

 

  • 「日焼け止めの効果自体は塗るタイプの日焼け止めに比べて弱い」
  • 「いくら飲む日焼け止めと言っても肌への紫外線を止める事はできない」ということです。

 

日焼けの原因

 

あなたは、「どうして人の肌にはシミができたり・日焼けをしたりするのか」についてご存知ですか??
実は、私たちの皮膚は紫外線を体に浴びた途端、体内で「活性酸素(フリーラジカル)」が活性化することが分かっています。

 

それは、体がとっさに「紫外線から皮膚を守ろう」とするためです。こうした体の働きから作られる「メラニン」が日焼けやシミの原因となっている訳です。

 

では、日焼けやシミから肌を守るためには一体どうしたら良いのでしょうか??
それは、「紫外線対策」をしっかりとしておき、事前に紫外線から肌を守るための準備をしておくことです。

 

従来では、「塗るタイプの日焼け止め」が世の中で当たり前となっており、特に常にお化粧をしたりする女性には「夏の必需品」となっていました。
しかし、ここ数年でその塗るタイプの日焼け止めから、「飲む日焼け止め」へと「夏の必需品」の度合いが変わってきました。

 

これらの特徴からも、一番は「飲む日焼け止めと塗る日焼け止めの併用」がオススメです。

 

また、めんどくさがりでズボラ!という方にもおすすめの飲む日焼け止め。これからの夏の季節、プールや海に遊びに行くならば、どうせなら可愛いビキニも着たいですよね。

 

「でも焼けるのが怖い…」なんて、サーフィンスーツのような水着を着ている女性も海などではたまに見かけますが、「飲む日焼け止め」があればもう怖くなくなるかもしれませんよ!

 

飲む日焼け止めって安全性や副作用ってないのかな?

【塗らない日焼け止め!】飲む日焼け止めで簡単ケア!

 

飲む日焼け止めサプリに副作用や健康被害の心配は基本的にはありません。なぜなら薬のような抗生物質ではなく、自然由来の野菜や果物などから抽出された『ビタミン』や『ポリフェノール』などの抗酸化物質が中心であるためです。

 

ただし、妊婦中や授乳中の方、また高血圧などや心臓病などの症状をお持ちの方は医師に相談されたほうが良いと思います。

 

さらには国産のものの方が良いと思います。中国産のものも出回っていることもあり、また海外製品はカプセル物の場合、サイズが大きくて飲みにくいこともあります。

 

特に女性の場合はサプリだけでなく薬の場合でもサイズがお大きいと飲めない方も多いので、国産がオススメですね。

商品名
ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文
価格 容量 評価
○○○円 △△△ml 飲む日焼け止め
価格 容量 評価
○○○円 △△△ml 飲む日焼け止め

商品名
ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文
価格 容量 評価
○○○円 △△△ml 飲む日焼け止め
価格 容量 評価
○○○円 △△△ml 飲む日焼け止め

商品名
ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文
価格 容量 評価
○○○円 △△△ml 飲む日焼け止め
価格 容量 評価
○○○円 △△△ml 飲む日焼け止め

商品名

ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文

 

価格 容量 評価
○○○円 △△△ml 飲む日焼け止め

 

このページの先頭へ